「眼鏡予報」第五報 /第4回目

BLUE


「眼鏡予報」第5報/第4回目。
眼鏡は個々に良さがあるので1本を決めるのはいつもとっても難しいです。
まあ、そこが楽しいところなのですが…。いつも、最終段階に来るといろ
んな角度から眼鏡を掛けている人を見つめながら、決めていきます。

今回は初めて遠近両用眼鏡に挑戦。ライブでもプライベートでも使える一本
を頭に入れつつ、ASA-CHANGの個性にピッタリなものを選びました。

ASA-CHANG+「BLUE」予報

THEO SALAMANDRA col.752-BELGUIM

選んだ理由

何と言っても本人が一番ビビっと来ていることが一番の決め手です。
どれも全然違った印象で似合っていたんですが、今回はASA-CHANG自身の魅力や普段の持ち物を考えてTHEOにしました。あえてちょっと違和感を与えつつ、他の人が掛けてみて、ASA-CHANGがいかにハマっているかよりわかるそんな眼鏡です。ライブの衣装もジャージやジャケットなどなど様々な印象を持っているので、フォーマルにもカジュアルにも対応出来るところもこれに決定した理由のひとつ。きっとこれから歳を重ねていく度により似合ってくれると思います。


ブランド詳細

この眼鏡を使ってみてどうでしたか?
(ASA-CHANGコメント)

「一目惚れ!」
初め見た時、「コレはさすがにないでしょ!藤さんすごすぎるよぉ〜」と思ったんですよ。ありえないデザインっていうか、フレームに穴が空いてたり、安全ピンついているし。最初、安全ピンってタグをつける為のもので、外すものだと思ってましたからね(笑)。でも、掛けた時にビシッとハマったんですよね。
デザインにごまかされ ているわけでもなく、中和されているというわけでもなく、理屈なくこの眼鏡が好きになりました。実際は嫌な主張もしてない感じがいい!レンズの大きさも遠近初挑戦の自分としてはとっても楽でした。前も遠近にトライしてみようと思ったんだけど、その時は検査の段階で”グラグラ”してしまって断念したんですが、今回は検査の時も実際使ってみても違和感なく使用しています。ちゃんと見えるって、カラダ的にも楽になるんですね。最近は見え方もデザインも気に入っているので、ライブでもプライベートでもよく掛けています。

気に入った理由

TRACTION PRODUCTIONS Bastille col.blue – FRANCE

ブランド詳細

「落語家の休日」
自分との相性だと思うんですけど、これが一番自分自身の中では、派手に感じました。クールで主張しているかっこいい眼鏡だと思います。意外に眼鏡がドーンと存在感を出してくれます。なんとなく、落語家の人でこの手の顔、いる気がするんですよね(笑)
ねっ、いるでしょ?絶対!

FROST PUNCH col.13- GERMANY

ブランド詳細

 「ホントはあなたも好きでしたぁ」
これも大好き!
デザインが凄すぎて、メビウスの輪のように自分には見えます。
すごいギリギリのところでバランスがとれているところも魅力です。
色もとってもキレイだし。これも買います!欲しい。

grotesque|frame BEANcol.95- GERMANY

ブランド詳細

「意外に正直モノ」
こういう形ってありがちな気がするんだけど、色合いとか、よく見る とっても丁寧な気がしました。
(廉価フレームの)プラスティックの丁寧ではない仕上げって、やっぱりわかりますよね?
色やデザイン全てをとっても。
見た瞬間に「あっ、似合うぞ」って思ったんですが、未だに好きですけど〜でも、もっと好きなものに出逢ってしまったから。。。


ASA-CHANG(打楽器奏者)

89年、東京スカパラダイスオーケストラのパーカッショニスト/バンドマスターと
してデビュー。その自ら創始した東京スカパラダイスオーケストラがブレイクを果
たした後、‘93年に脱退、ソロミュージシャンとして活動を始める。
スカパラ在籍時からその特異なライヴパフォーマンス、プレイは注目されていたが、
独立後の数々のセッションワークにより、ドラマー/パーカッショニストとしてその
存在を知られるようになる。
いわゆるラテン・パーカッション系だけでなくインド・アジア系から玩具類、ガラ
クタ、シンセ音などを散りばめ楽曲にアプローチする彼独特のプレイスタイルを確
立し、ドラマーとしても躍動感のある唯一無二のそのビートは、パワフルさと繊細
さを兼ね備え、数多くのアーティストからの信望を集めている。

現在はASA-CHANG&巡礼、ASA-CHANG&ブルーハッツを率いての活動を軸に、
ポップとアヴァンギャルドを軽々と行き来して多彩な活動で多くの注目を集めている
一方、CM音楽や他のアーティストの作品での作曲・アレンジもこなすプロデューサー
としても活躍。

ASA-CHANG http://www.asa-chang.com/

///////

次回予告 -ASA-CHANGの視力検査と共に遠近両用眼鏡の説明をします。

Comments are closed.