世界一美しい本を作る男

STEIDL

高校生の頃、めがねと同じぐらい、いやめがねよりハマっていたものがあります。
それは映画です。
暇な時期は週に最低2回は映画館へと足を運んでいたほど。
DVDも観ますが私は断然映画館派です。

たった2時間で自分が知らなかったことに出会えたり、経験したことの
ない思いを共有させてもらったり、映画は私にプラスの影響をたくさん
与えてくれています。

最近、見つけたとっても観たい映画「世界一美しい本を作る男」。
ドイツのゲッティンゲンという街の出版社シュタイデル社のドキュメン
タリー映画。昔はあまりドキュメンタリー映画は観てなかったんですが
自分が仕事をするようになってからはドキュメンタリー映画からヒント
や頑張る気持ちや初心に帰るきっかけなんかをもらうので好きなんです。

本の製作に徹底的にこだわり
”本”自体を作品へと昇華させていく

とっても気になる言葉です。観たくなりますよね。
このプロ意識とプロの仕事。
東京は9/21日からイメージフォラムで上映のようです。
10/4日まではヨーロッパなので、帰国してすぐに行こうと早速前売りを
購入しました。かわいいブックマークを頂きました。今からとっても楽しみ。
皆様、要チェックです!!

世界一美しい本を作る男

Comments are closed.