鯖江にて工場に

この間、めがねの産地、鯖江市のイベント「めがねフェス」に参加してきました。
私は子供むけのワークショップをいつも担当しております。
その足で、谷口眼鏡さんの工場に行ってきました。何度も眼鏡の工場は訪れているんですが、毎回、手作業の多さを実感し、めがねをちゃんと大事に紹介し、長く使おうと思います。

工場はめがねに傷が入らないように発泡スチロールのケースを使用しているんですよ。
すごいですよね、その気配り。

めがねって高いと言われることもありますが、多くの方の仕事を知るとこの価格の意味もきっと感じてもらえるでしょう。めがねを安さで選ぶより、コスパで選んでもらえるような、意味あるお金を払う価値を伝えたいなと思いました。

さあ、今日から地元福岡です。
イベントします。

Comments are closed.