今日は夕方から仕事だったので、友人と神保町の古本屋周りをしました。

そこで見つけた、昔の眼鏡屋さんの宣伝ようのマッチ箱のパッケージデザイン。


色も絵もすべて素敵。他にもいろいろなマッチ箱のデザインがありました。昔のプリントやインクでしか出せない雰囲気感がとっても好きです。フォントもとっても素敵。

今日は当たり日なのか、1960年発行の素敵な目に関する本にも遭遇しました。


「あなたの眼鏡はいらない」

なんとも大胆な、そしてちょっと私の本のタイトルに通ずるものを感じます。カバーもとっても素敵。

こんなに自由な装丁が出来る時代が羨ましい。

早速、神保町の古い喫茶店で頭の方読みました。いろいろ興味深い。

本はいいですね。今月は暇なんでいろいろインプットしようと思います。

Comments are closed.